踊る授業シリーズ 本能寺の変

「本能寺の変」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】 エグスプロージョン


エグスプロージョンの【踊ってみたんすけれども】シリーズ第12弾!
完全オリジナルネタの踊る授業、第1弾は戦国時代から「本能寺の変」

一度聞くと病みつきになる本能寺の変ですが、人気ですねえ。
織田信長が、家臣の明智光秀にしばかれた話として
有名ですが、最近は、首謀者・黒幕が別にいる!
なんて説もあり、おもしろいですね。

ここでは、今、大人気の「本能寺の変」ダンスを紹介するとともに、
実際の歴史の「本能寺の変」についても、調べてまとめてみました。

 

 

本能寺の変 歌詞

エグスプロージョンのダンスですが、この歌、頭から離れないっす・・・
どうせ、歌が頭から離れないなら、歌詞も覚えてしまいましょう!

これで歴史好きになったら、言うことなし!?
それにしても、最後は諸説ありとしているところが、
分かってるな!という感じがしますね。

本能寺の変 本能寺の変 本能寺の変 本能寺の変

1582年 本能寺で起こった悲劇 織田さんが家臣の明智にシバかれる話

どうして~?どうして~?どうして織田はシバかれた~ん?

明智さんは 織田さんに 長い間イジられた

みんなの前で 呼ばれたあだ名は 「ハゲ」!

どうして~?どうして~?どうしてハゲに負けたの~?

あのハゲ(明智)出張するゆて嘘ついて攻めてきたん!

ハゲ(明智)の軍勢1万に対し 織田の軍勢 30!!!

どうして~?どうして~?どうしてそんなに少ないの?

ハゲ(明智)の勧めで戦の休戦 数人で寺の坊主の元へ

ハゲ(明智)は家臣と一致団結 織田は坊主とティーパーティー

多くな~い?多くな~い?毛が無い奴が多くな~い?

いや多くな~い!多くな~い!

(この時代)毛がある奴が多くな~い!

変じゃな~い? No!変じゃな~い!

変じゃな~い? No!変じゃな~い!

変! 変! 変! 変!

変!変!変!変!変!

これが 本能寺の変 本能寺の変

本能寺の変 本能寺の変!

本能寺の変 本能寺の変 本能寺の変

本能寺の変! 諸説あり。

本能寺の変とは

本能寺の変(ほんのうじのへん)とは、天正10年6月2日(1582年6月21日)、
明智光秀が謀反を起こして京都の本能寺に宿泊中の織田信長を襲撃した事件です。

信長は寝込みを襲われ包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害しました。
信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から退いて戦いましたが、
大軍にはかなわず、敗れて自害しました。

2人の死によって織田政権は崩壊し、天下人となった光秀でしたが、
中国大返しで畿内に戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れます。
わずか13日後に非業の死を遂げました。

この事件は戦国乱世が終息に向う契機となったので、
戦国時代における最後の下剋上とも言われています。

光秀が謀反を起こした理由については、定説が存在せず色々な説が存在します。
まさしく、諸説あり!

 

現在のところでは、織田信長が遠征途中で少人数で
休んでいるところを明智光秀の軍勢が取り囲み、
謀反を起こしたことになっています。
その際、他の重臣も、遠方に侵攻していたため、
信長自体の守りが手薄だったことが悲劇でした。

この後、毛利を攻略中の羽柴秀吉が、急遽戻り、
明智を打ち破ります。
これが秀吉が天下取りへ大きく前進したきっかけとなりました。

このダンスから、歴史に興味を持ってくれる人が
増えれば、いいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

エグスプロージョンベスト!

スポンサーリンク

検索

カスタム検索
return top